人気品種のご紹介

栽培モニター募集

アサヒ農園とは

よくある質問

ビジネスパートナー募集

採用情報

その他

とげなし単為結果ナス ラクロ
 
高秀品率・長期収穫
Photo 【特性】
 屮魯繊Ε曠襯皀鷭萢のコスト削減に効果的!」
 単為結果性を持ち、受粉を必要とすることなく果実が太ります。これにより、着果させるためのハチやホルモン処理の費用を削減させることができます。


◆崙持ち性が良い!」
 中は柔らかいですが、皮は美しく・しっかりしているため「日持ち性が非常に良い!」とのお喜びの声を頂いております。収穫から調理までの期間で劣化するということを減らすことで、スーパー等の陳列棚でも特性を発揮します。


D祺拘(夏秋)まで長〜く収穫!
 単為結果性を持ち、低温期でも着果・実の太りが良いことが自慢で、夏秋までなが〜く収穫できます。草勢は大人しいので、初期収穫よりも後半までコンスタントに収穫できる品種です。


【単為結果とは?】
「受粉しなくても果実が太る性質のことです。」
 通常のナスはおしべの花粉がめしべに付き、受粉することで果実が太り始めますが、低温期や高温期には花粉機能が低下し、実着きが悪くなりがちです。しかし、このナスは受粉が上手くいかなくても果実が太りますので、一般のナスよりも様々な環境下での実りが期待できます。また、受粉していないナスはタネが入りにくいので、断面がとてもキレイです。
image 【栽培の注意点】
【苗の植え付け】
「なにごともタイミングが大事!」
5月上旬以降に行うと栽培しやすいです。(マルチやトンネルといった保温資材がある場合はそれより早く植えることもできます。)まだつぼみができたばかりのものは、開花直前まで待ちましょう。深植えしないように気をつけ、植えつけた後はしっかりと水をあげましょう。その際、市販の肥料(玉肥えなど)を置いておくのもよいでしょう。

【水やり・肥料(追肥)】
「少しずつマメな手入れがポイント!」
ナスは、水・肥料をよく吸収する野菜です。乾燥や肥料切れをおこさないように定期的におこないましょう。マルチ(地面に張る保温資材)をするかワラや刈り取った草などを株元に敷くと乾燥防止になります。水分不足になると実が硬くなったり、皮のツヤがなくなったりします。
肥料(追肥)の目安は2週間に1回程度、量は購入された肥料の表記に沿うのが良いでしょう。

【肥料切れのサイン】
葉の緑色や花の紫色が薄くなったとき。
多くの花のめしべがおしべより短くなったとき。

【枝の手入れ(支柱・仕立て)】
「ヒモはやさしく、仕立て方は3本仕立てに!」
ある程度大きくなってきたら支柱を立てて、ナスの木を支えてあげましょう。家庭菜園での仕立て方は、3本仕立てがよいでしょう。(生産者は2本仕立てによる高品質生産をオススメします。)
3本仕立ては垂直に、2本仕立てはXの字に支柱を立てましょう。
3本仕立て→主枝と最初の花のすぐ下にある2本の側枝を伸ばします。
それより下の側枝はすべて取り除いてください。(図1の右)
次に、支柱と太い枝をやさしくヒモで結びましょう。きつく結ぶと成長したときに枝を痛めてしまうので注意してください。

【収穫】
「欲張らないことが大事!」
一度に多くの実をつけたり実を大きくさせすぎたりすると、木が疲れてしまいます。プランターなど土の量が少ない環境では、思った以上に大きくならない場合がありますので、
やや小さめのサイズで早めに収穫すると取り遅れや木の疲れが少なくなります。

【切り戻し(更新剪定)】
「7月中旬から8月上旬の高温期がタイミング!」
長く栽培していると、実のなり疲れや暑さで木が弱ってきます。更新剪定で木を休ませることで、約1ヶ月ほどでおいしい秋ナスが収穫することができます。
強い各枝の強い芽を2〜3つ残して切り戻します。
株元から30cm離れた場所を3ヶ所ほどスコップで根を切っておくと新根の発生がよくなり、枝がより伸びやすくなります。
同時に追肥と水やりも忘れずにしておきましょう。
【ラクロを使ったオススメ料理】
「皮はしっかり・中はやわらか♪」
そんなラクロは「ナス田楽」「マーボーなす」「天ぷら」など食感を活かした調理法がオススメです!

皮がシワになりにくいので、焦らず調理していただけます。
Photo

商品のお問合せ・ご注文の連絡先株式会社アサヒ農園 TEL:0587-97-2525(代表) FAX:0587-97-1150メールでのお問合せ

信頼できる品種「タネのカタログ」

新着情報

会社案内

リンク

お問合せ

株式会社アサヒ農園
〒495-0001
愛知県稲沢市祖父江町祖父江高熊124
TEL:0587-97-2525(代表) FAX:0587-97-1150
MAIL:seed@asahi-noen.co.jp