人気品種のご紹介

栽培モニター募集

アサヒ農園とは

よくある質問

ビジネスパートナー募集

採用情報

トマト

話題のマイクロトマト!!
 
濃厚!甘い!!ちっちゃい超ミニ「マイクロトマト」!!
Photo 【特性】
1.畑作り 定植までに、1崚たり苦土石灰150g程度を畑全面にまき、さらに1崚たり完熟堆肥3kg、化成肥料100g程度を施して、良く耕して畦を作ります。雑草抑制と、水分保持のために黒マルチをします。 
2.定植 4月下旬から5月上旬に、購入した苗を株間80〜90cmで植え付けます。株間は広くとって日照や風通しを良くします。それによって病気の発生が少なくなり、収量も多くなります。
image 【栽培の注意点】
3.整枝 本葉4〜5枚程度のときに摘心をして、側枝を4本出します。
側枝が伸び出したら、支柱に誘引します。側枝は良く出て、良く伸びるので、垣根のように仕立てても良いです。側枝から出る脇芽は適宜つまんで、側枝1本を立ち上げます。
側枝が支柱の高さに届いたら、花房の上に葉を2枚残して摘心します。
4.栽培管理 土が極端に乾かないように、天候に合わせて灌水をします。灌水が不足すると着果しなかったり、尻腐れ果ができたりします。逆に水分が多いと裂果しやすくなります。適度の灌水と乾燥防止に努めてください。追肥は草勢を見ながら行います。開花果房の近くの葉の色が淡くなったら、1崚たり化成肥料を30g程度施してください。
5.病害虫 アブラムシ、ダニ、ヨトウムシ、オオタバコガ、うどん粉病等に注意が必要です。5月下旬から2週間に1回登録農薬(殺虫剤、殺菌剤)の散布をしてください。
6.収穫 収穫までの期間は、開花後40日程度です、果実が十分色づいたら収穫してください。果実1個収穫にするか、房で収穫するか利用目的によって選んでください。
○ 鉢やプランターでそだてる場合
1.容器と用土 容器は大きめの鉢(6〜10号)に1株植え、1本仕立て。又はジャンボプランターや菜園プランターなどで深さが30cm以上のものに、1株植えで、4本仕立てにします。
用土は市販の培養土を用いますが、有機物が多い用土では鹿沼土を混ぜるのが良いでしょう
苗を植える前に、元肥として化成肥料10gと苦土石灰10gを用土によく混ぜておきます。
2.植え付け 鉢やプランターの中央に1株を植え付け、鉢では1本仕立てに、プランターでは4本仕立てとします。整枝は菜園の場合と同様です。ネットやトレリスに誘引したり、あんどん仕立てにすると、高さを抑えることができます。
3.栽培管理 追肥はプランターの場合は、化成肥料5gを14日間隔で施します。
その他の管理は、菜園の場合と同じです。

商品のお問合せ・ご注文の連絡先株式会社アサヒ農園 TEL:0587-97-2525(代表) FAX:0587-97-1150メールでのお問合せ

信頼できる品種「タネのカタログ」

新着情報

会社案内

リンク

お問合せ

株式会社アサヒ農園
〒495-0001
愛知県稲沢市祖父江町祖父江高熊124
TEL:0587-97-2525(代表) FAX:0587-97-1150
MAIL:seed@asahi-noen.co.jp